耳垢が湿性だと必ず臭い?体臭の臭いレベルと耳垢の状態の関係まとめ

耳垢って、乾性と湿性の2タイプがありますね。

 

耳垢の掃除をするとき、

乾性なら耳かきでポロッと取れますが、

 

湿性だと、もっぱら綿棒でのお掃除になります。

 

ワキままんはワキガなので、耳垢は湿性。

子供達もワキガなので、生まれた時から耳垢は湿性。

 

主人は、臭くないんですけど耳垢は湿性です。

 

耳垢が湿性になるのは、

 

耳の中にあるアポクリン腺から出る汗の中には

たんぱく質や脂質も含まれていて、

 

これがべたつきの原因になっています。

 

耳のアポクリン腺が多い人は

それだけ耳の垢が湿る原因になる物質の分泌も多くなり、

 

それがが多いとコリネバクテリウム属の菌が繁殖しやすくなるので、

その結果嫌なにおいがしてしまう場合もあります。

 

なので、耳垢が湿性の場合は臭う可能性が高いんです。

 

でも、ワキままんの主人のように、

耳垢が湿性だからと言って、絶対に臭いというわけでもありません。。

 

耳垢が湿る原因には、アポクリン腺のほかに

中耳からの分泌物が耳の垢を湿らせる場合もあるためです。

 

耳垢が湿性?耳垢の状態は体臭と関係がある

耳の中が湿っている場合はアポクリン腺の数が多いことが原因の一つですが、

そのような人の場合、

わきの下にもアポクリン腺が多いと推測されます。

 

そのため、耳の垢が粘り気があるかどうかをチェックすると

ワキガの可能性があるかどうかの判断材料になります。

 

 

アポクリン腺の多さが確認できる他の部位は?

アポクリン腺が多く存在している体の別の部位は

耳、脇の他、陰部もです。

 

アポクリン腺が多い部分は臭いがしがちなんで、

陰部の臭いはスソガと呼ばれますね。

 

(ワキままんは正直スソガなのかどうかわかりません。。。

だって、どれくらい臭ければスソガなのかわからないし…)

 

耳垢が湿っている場合、スソガの可能性もありますが、

これも絶対にそうだというわけではありません。

 

一応、スソガかどうかはセルフチェックができますよ。

 

下着に黄ばんだ汗が染みこむことが多い、

陰毛が太い、1つの毛穴から2本の毛が出ているなどの場合。

 

これらの状態になる場合は、アポクリン腺がたくさんある場合が多く

スソガの可能性が高くなります。

 

このように耳垢の湿り具合はワキガやスソガなどの

体臭のチェックの目安になりますが、

 

まあこれらはあくまでも目安なので、

 

自分がワキガ体質かどうかが心配な場合は

専門医に見てもらうのがベストですね。

 

ちなみに…

ビックリされるかもしれませんが、

足の裏が臭いのは耳垢の湿りとは関係がありません。

 

足の裏にはエクリン腺だけで、アポクリン腺はないからです。

 

エクリン腺からでる汗自体はほとんど臭いませんが、

汗によって蒸れると細菌が繁殖して、足が臭くなります。

 

ワキや陰部が臭くなる体質とは全く関係ないのですね。

 

耳垢が湿性で、さらに臭いがあり困っている!

という方には、

 

ワキガ一家の我が家の対策が少し参考になると思います。

ワキままん家で実際に実施しているデオドラント対策ご紹介

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ